更新日/2013年9月20日

平成25年9月「貸切バス事業者安全評価認可制度」において、2つ星の評価をいただきました

いつも岩手県北バスをご利用いただき誠にありがとうございます。

s-ninteiこのたび、岩手県北バスは公益社団法人日本バス協会の「貸切バス事業者安全性評価認定制度」の評価認定委員会において、安全輸送に対する取り組みが優良と認められ平成23年11月1日に岩手県内に本社を置く貸切バス事業者90数社の中で初めて「貸切バス事業者安全性評価認定」をいただきました。

そして平成25年9月20日、安全に対するハード・ソフトの取り組みが更に優良と認められ、一つ星から二つ星へとその評価がランクアップいたしましたので、お知らせいたします。

 

主な評価認定項目は次の3点です。

(1)「安全性に対する取り組み状況」…法令で定められたレベルの法令遵守事項、法令遵守事項よりも高いレベルの上位事項の2つのレベルで評価されます。

(2)「事故及び行政処分の状況」…国土交通省のデータにより審査されます。

(3)「運輸安全マネジメント取り組み状況」

 

 認定を受けた事業者には「SAFETY BUS」のシンボルマークが交付され、貸切バスの車体に貼り付けて認定事業者であることをPRできます。シンボルマークの星の数は、認定審査初年度の一つ星『☆』からスタート、2年経過後に行われる今回の更新認定審査で二つ星『☆☆』となりました。従いまして、今後は当社バス車体に二つ星『☆☆』のステッカーを掲出して岩手路・全国を走ります。

 

また、当社では、今回の認定審査の際にも評価対象となりましたが、「デジタコ機能付き映像記録型ドライブレコーダー」を平成24年4月1日よりバス全車両に設置して、事故原因究明と事故の防止、環境にやさしい運転の促進、さらにはお客様接遇向上の取り組みを強化しております。

 

当社は、今回の二つ星認定を真摯に受けとめ、これまで以上にお客様に喜んでご利用いただける交通事業者として2年後の三つ星認定を更なる目標とし、「輸送の安全の確保」を最優先に考え「安全・安心・快適」なバスの旅を提供すべく、これからも社員一丸となって取り組んでまいります。

 

関連ページ : 貸切バス・観光バスページ