ニュースリリース

「山田線における利便性向上を目的とした実証実験の実施」について

岩手県北バスは東日本旅客鉄道株式会社盛岡支社が実施する
「山田線における利便性向上を目的とした実証実験」に協力し
岩手県央地域と沿岸地域の利便性向上及び公共交通の利用促進に取り組みます。
実証実験の詳細につきましては、下記リンク先をご参照願います。

山田線における利便性向上を目的とした実証実験の実施について〔PDF〕
(東日本旅客鉄道株式会社のサイトに移動します)

 

盛岡~宮古間での2階建てバス車両の運行を終了します

2階建てバス車両で運行(2月より車両整備中)しております、盛岡駅前~宮古駅前・浄土ヶ浜パークホテル間の「盛宮106特急」の運行を終了いたします。
これまでの2階建てバス車両のご利用、ご愛顧につきまして心より感謝申し上げます。

なお、4月1日(土)よりこの便を高速バス車両での「106特急」として運行します。このことにより次のように変わります。

・全席指定制を一部予約制に変更します。
(予約受付開始の際はこのページでお知らせします。)
・新たに中央通二丁目、盛岡バスセンター、茶畑公園、黒沢、蟇目、千徳駅前、下千徳に停車することによりご利用いただける停留所が増えます。あわせて一部の時刻が変わります。
・新たに定期券、回数券、交通系ICカード、車内キャッシュレス決済が利用できるようになります。
・ワイドビューシート、ビジネスシートは取りやめとなります。

《2023年4月1日からの時刻表》

平日のPDFデータはこちら

土・日・祝日のPDFデータはこちら

《お問い合わせ》

地域連携ICカード『iGUCA(イグカ)』発行枚数1万枚突破!ノベルティグッズプレゼントのお知らせ

当社では、2022年2月19日よりサービスを開始した地域連携ICカード『iGUCA(イグカ)』の発行枚数がおかげさまで1万枚を突破しました。

『iGUCA』導入によりキャッシュレス精算となったことでタッチだけで乗降できる使いやすさや3%分の交通ポイントの付与、乗り継ぎ割引の導入などサービス内容の拡充に加え、バスカードからの移行期間を約5ヶ月間設けお客様へのサービス低下がないようスムーズな移行に努めたことにより、お客様にご不便をおかけすることなく新サービスに対するご支持を頂いた結果だと考えております。

今回、発行枚数累計1万枚を突破した記念といたしまして、日頃からご利用いただいているお客様に感謝を込めて、バス利用時にお使い頂けるよう「『iGUCA』デザイン入りパスケース」を製作いたしました。数に限りはありますが、発行枚数1万枚記念として一定の購入条件を満たしたお客様にプレゼントいたします。

東日本旅客鉄道株式会社より岩手県盛岡エリア(鉄道18駅)で「Suica」を使った出改札サービスを本年5月27日から開始することが発表され、地域連携ICカードとして「Suica」機能を備える『iGUCA』も利用可能となることからますます使いやすくなってまいります。
今後も、様々な生活シーンに役立つ利便性の高いICカードを目指して、新サービスの提供など更なる顧客サービス・利便性の向上に取り組んでまいります。

今回の詳細については下記の通りです。

■ 1万枚到達日 2023年2月18日 

■ プレゼントするノベルティグッズ 『iGUCA』デザイン入りパスケース

■ 購入条件
  2023年3月4日より、下記販売窓口で『iGUCA』定期券の発行(継続も可)または『iGUCA』へ1度に5,000円以上のチャージ
※各販売窓口ごとの所定配布個数に達した時点で終了となります。

■ 販売窓口
  盛岡駅前バス案内所/盛岡バスセンター案内所/盛岡営業所/盛岡南営業所/八幡平営業所/沼宮内支所/宮古駅前案内所/宮古営業所/山田支所/一戸営業所/伊保内支所/久慈営業所

※「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。

《お問い合わせ》

車両回送時の運転士マスク取り扱いについて

お客様各位

 

 

車両回送時の運転士マスク取り扱いについて

 

平素より岩手県北バスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

弊社では、日本バス協会のガイドラインを踏まえ、お客様に安心してご利用いただくために新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止について、取り組んでおります。

そうした中で運転士にはマスク着用を義務付けておりますが、熱中症予防対策のために、車両回送時はマスクを外す場合がございますので、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

消費税率改定に伴う運賃改定について(一般路線・106急行)

いつも岩手県北バスをご利用戴き誠にありがとうございます。
弊社では令和元年10月1日の消費税率改定に伴い、運賃改定を実施致します。
改定内容は下記の通りです。

・実施日 令和元年10月1日(火)

①普通運賃

現行運賃額 改定運賃額
100円区間 据え置き
140円区間 +10円
150円~ 210円区間 据え置き
220円~ 800円区間 +10円
810円~1,340円区間 +20円
1,350円~1,880円区間 +30円
1,890円~2,420円区間 +40円
2,430円~2,600円区間 +50円

※各自治体のコミュニティバス等はこの限りではありません。

②定期券運賃(割引率は変更ありません)
10月1日以降に購入される場合、上記の改定運賃額を基準として算出致します。
9月30日までにご購入戴く場合は現行運賃のままで算出致します。

③バスカード
発売額・券種は変更ありません。

宮古~船越線 路線バスに トイレ付車両導入 12月15日(日)より運行開始

 岩手県北自動車は、岩手県宮古市と山田町を結ぶ路線バスにトイレ付車両の導入を決定しましたので、お知らせいたします。

宮古市と山田町を結ぶ本路線は1日往路24便、復路23便を運行しておりますが、所要時間が約1時間という長距離路線のため、かねてよりトイレ付車両での運行が熱望されていました。

そこで、このたび同路線に1日2往復 トイレ付車両を運行することにより、買い物や通院等でバスをご利用いただいているお客様へのサービス向上を図り、移動に対する不安の解消と、積雪期においては、普段はあまり路線バスにご乗車されない方々にも

安心してご利用いただけますよう、安全快適な運行を心がけ提供してまいります。

 

トイレ付車両運行時刻

宮古駅前 10:10 13:30 船越駅前 11:45 14:40
船越駅前 11:14 14:34 宮古駅前 12:49 15:44
<本件に関するお問い合わせ>

岩手県北自動車株式会社(岩手県北バス)

担当:宮古営業所  所長  坂下 光明

TEL : 0193‐64‐6060

Mail : noriai001@iwate-kenpokubus.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

平成25年9月「貸切バス事業者安全評価認可制度」において、2つ星の評価をいただきました

いつも岩手県北バスをご利用いただき誠にありがとうございます。

s-ninteiこのたび、岩手県北バスは公益社団法人日本バス協会の「貸切バス事業者安全性評価認定制度」の評価認定委員会において、安全輸送に対する取り組みが優良と認められ平成23年11月1日に岩手県内に本社を置く貸切バス事業者90数社の中で初めて「貸切バス事業者安全性評価認定」をいただきました。

そして平成25年9月20日、安全に対するハード・ソフトの取り組みが更に優良と認められ、一つ星から二つ星へとその評価がランクアップいたしましたので、お知らせいたします。

 

主な評価認定項目は次の3点です。

(1)「安全性に対する取り組み状況」…法令で定められたレベルの法令遵守事項、法令遵守事項よりも高いレベルの上位事項の2つのレベルで評価されます。

(2)「事故及び行政処分の状況」…国土交通省のデータにより審査されます。

(3)「運輸安全マネジメント取り組み状況」

 

 認定を受けた事業者には「SAFETY BUS」のシンボルマークが交付され、貸切バスの車体に貼り付けて認定事業者であることをPRできます。シンボルマークの星の数は、認定審査初年度の一つ星『☆』からスタート、2年経過後に行われる今回の更新認定審査で二つ星『☆☆』となりました。従いまして、今後は当社バス車体に二つ星『☆☆』のステッカーを掲出して岩手路・全国を走ります。

 

また、当社では、今回の認定審査の際にも評価対象となりましたが、「デジタコ機能付き映像記録型ドライブレコーダー」を平成24年4月1日よりバス全車両に設置して、事故原因究明と事故の防止、環境にやさしい運転の促進、さらにはお客様接遇向上の取り組みを強化しております。

 

当社は、今回の二つ星認定を真摯に受けとめ、これまで以上にお客様に喜んでご利用いただける交通事業者として2年後の三つ星認定を更なる目標とし、「輸送の安全の確保」を最優先に考え「安全・安心・快適」なバスの旅を提供すべく、これからも社員一丸となって取り組んでまいります。

 

関連ページ : 貸切バス・観光バスページ

高速夜行バス 新東京線(久慈~盛岡―東京)3月22日(金)運行開始のお知らせ

 岩手県北自動車及びフジエクスプレス㈱(取締役社長上原 厚、東京都港区、富士急行㈱100%子会社)は、岩手県久慈市から、同九戸村、二戸市、八幡平市、盛岡市を経由して東京都内を結ぶ新たな高速夜行バス(乗合バス)「岩手きずな号」の運行を今月(3月)22日から開始することと致しましたので、お知らせいたします。

なお、本路線の予約受付開始は、3月上旬からとなります。

 

本路線は、岩手県北部と東京都内を結ぶ初の高速夜行バスとなります。本路線については久慈市からの要望に応じて開設するものであり、本路線の運行によって久慈市を含む岩手県北部地域の住民が東京方面へ公共交通で直接移動できるようになり、地域住民の利便性向上が実現します。

 

また、東日本大震災の被災地でもある久慈市と東京を直接結ぶ交通機関として、首都圏から多くの方々に被災地を含む岩手県北部地域に足を運んで戴くことにより、交流人口創出を通した震災復興や観光産業振興へも寄与していきたいと考えております。従いまして、当社としては、本路線を利用した当地域における震災学習や震災を乗り越えて復興に向かう取組みなどを学ぶツアーも首都圏向けに企画していく予定です。その他にも、今年4月スタートのNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」は久慈市が舞台ということもあり、観光面での交流人口拡大への貢献も期待しております。

 

さらに、本路線おいては、昨年7月よりスタートした新たな高速バス運賃制度の下で、柔軟な運賃設定を予定しております。従来は定額であったバス運賃を一定の幅の間で変動させることが出来るという新たな「幅運賃(はばうんちん)制」を適用し、乗車する時期の繁忙・閑散の具合や予約する時期によって、従来よりもお得な運賃を設定するなど、お客様のニーズにきめ細かに応えていく所存です。

 

本路線は安全管理に定評のある乗合バス事業者が運行するものであり、従来の路線バスの運行と同様に乗務員の安全教育や適切な労働条件の設定を通じた安全性の確保に取り組んでおります。

 加えて車内外のサービスやさまざまな特典等も今後設定し、より多くの皆さまにご利用いただけるよう努力してまいります。

なお、運行の詳細につきましては、こちら(岩手きずな号 チラシ)をご参照下さい。

 

新東京線運行開始当日には、下記の通り出発式の開催を予定しておりますので、併せてご案内させて頂きます。

<新東京線出発式>

平成25年3月22日(金)19時40分

於:岩手県北自動車 久慈営業所

 

 

本件に関するお問い合わせ
岩手県北自動車株式会社(岩手県北バス)
担当 : 乗合事業部 副部長 荒屋敷 正剛
TEL : 019-641-7770
FAX : 019-641-7700
Mail : noriai001@iwate-kenpokubus.co.jp

 

 

電気バス運行開始のお知らせ

当社は、低炭素社会実現に向けた取組みとして、国土交通省による「電気自動車による地域交通グリーン化事業」の公募を活用し、岩手県宮古市と連携して陸中海岸国立公園内を運行する路線に電気バスを導入し、12月26日から運行を開始いたします。

ゼロエミッション自動車として環境性能が特に優れた電気バスを導入することにより、①低炭素化社会の実現に向けて、環境へ配慮した公共交通体系構築を推進すると共に、②観光振興を図るべく、国立公園内の周遊観光バスへの利用、さらには体験型観光(ネイチャーガイド、震災学習ガイド)と連携した新たなエコツーリズム旅行パッケージの企画などを目指します。

 

<電気バス運行ルート>

宮古駅前~奥浄土ヶ浜~宮古駅前(路線バスルート)

宮古駅前発 10:20、12:10、13:10、15:20

(平成24年12月27日~平成25年3月31日 間の運行時刻)

平成25年4月以降の運行情報はこちら

 

なお、夏~秋の期間においては、浄土ヶ浜周遊観光バスとして、浄土ヶ浜ビジターセンター~奥浄土ヶ浜間を運行予定です。

平成25年4月以降の運行情報はこちら

 

また、電気バス運行開始当日には、下記の通り電気バス出発式並びに試乗会の開催を予定しておりますので、併せてご案内させて頂きます。

 

<電気バス出発式>

平成24年12月26日(水) 於:宮古駅前バスターミナル

電気バス出発式 10時00分

電気バス試乗会 10時30分(宮古駅前~奥浄土ヶ浜~宮古駅前・約30分)

 

本件に関するお問い合わせ
岩手県北自動車株式会社(岩手県北バス)
担当:車両安全管理部  部長 嘉那井  勝
TEL:019-641-7771
FAX:019-641-7700

 

バス運転士養成制度の導入について

この度、当社はバス運転士養成制度を平成24年8月1日から導入することにいたしました。
この制度は、大型自動車二種免許を取得していないバス運転士希望者について、大型自動車二種免許の取得費用を会社が負担してバス運転士として養成する制度です。
二種免許取得後は、当社のバス運転士として採用し一定の訓練を終えた後、各営業所で活躍していただきます。

◆バス運転士養成生(養成運転士)募集

・募集人員(10名程度) 岩手県内各営業所(盛岡、宮古、一戸、久慈他)

・条  件 21歳~45歳位までの心身共に健全な方(女性ドライバー大歓迎)

        普通免許保有者(取得後3年経過) 中型免許、大型自動車一種免許保有者

        接客業の経験がある方、接客業に関心のある方優遇

・採用試験 筆記(法令)、面接、実技試験

・採   用   採用試験合格者は採用内定者として取り扱い、大型二種免許取得のため、自動車学校、自動車教習所に通ってもらいます(合宿免許に参加してもらう場合もあります)。
大型二種免許を取得した時点で採用となります。

・免許取得 大型二種免許を取得するための自動車学校、自動車教習所は居住地等を参考に決定します。

・費  用 大型自動車二種免許取得にかかる費用は会社が負担します。
※入社後、5年以内で退職した場合は費用全額の返還義務有り。

◆お申込み方法

・下記応募書類を揃えて本社又は各営業所にお申込み下さい。

1.履歴書

2.運転記録証明書

3.受験申込書

4.ハローワーク経由の場合紹介状

◆ お問い合わせは

 岩手県北自動車株式会社
総務部 高橋
〒020-0124
盛岡市厨川一丁目17番18号
☎ 019-641-7772

ドライブレコーダーを全車両に設置

当社は、事故防止対策及びエコドライブの推進の為、4月1日よりバス全車両に「映像記録型ドライブレコーダー(以下、ドライブレコーダー)」を設置し運用を開始することになりましたので、お知らせいたします。

ドライブレコーダーの設置は、以下二点の効果をもたらします。

1. 事故原因究明と事故の防止
事故の前後、または急ブレーキ作動時などの映像記録を用いて事故原因や急ブレーキを掛けた原因を明らかにし、これらに基づいた情報を運転士の安全運転教育に役立てることが出来ます。また、急加速時も映像記録が残りますので、運転士により注意深い運行を促すことが出来ます。これらは事故の防止に繋がります。

2. 環境にやさしい運転の促進
当社は日頃から運転士にエコドライブ教育を施していますが、本ドライブレコーダーには当日の運転の記録からエコドライブの度合いを測定する機能が付いています。この機能を活用することによって、運転士に環境に優しい運転すなわち二酸化炭素の発生を低く抑える運転を促すことが出来ます。

なお、記録映像は、乗務員教育・事故防止対策等の指導教育目的および事故などの発生時の事実確認目的以外には使用致しません。なお、警察当局などの公的な目的による要請で開示が必要な場合を除き記録映像を第三者へ開示・提供することは無く、またその取扱いに関しては「岩手県北自動車株式会社 プライバシーポリシー」に基づき厳重に管理・取扱いを行います。 当社は、安心・安全で快適にご利用いただけるバス会社を目指すと共に、エコ活動にも積極的に貢献すべく、これからも取り組みを強化してまいります。

<本件に関するお問い合わせ>
岩手県北自動車株式会社(岩手県北バス)
担当:車両安全管理部 部長 嘉那井 勝
( 同 上  竹田)
TEL : 019-641-7771 
FAX : 019-641-7700
Mail : anzen@iwate-kenpokubus.co.jp

パーク&バスライド実施中!

岩手県北バス盛岡営業所では、バスを利用されるお客様へ無料駐車場をご準備させていただいております。